Amazom Fire タブレット 8GBブラックの感想

最近、本当に忙しくてブログをちょっと見る暇はあっても書く時間がありませんでした。公私ともに忙しく、仕事もプライベートもおかげさまで充実した毎日を送っています。ここらでやっと少しずつ落ち着いてきたのでブログをまた書こうかな。ちょっとしたマメ知識なんですが、人間忙しい方が幸福感を得やすい傾向の生き物らしいですよ。しかし、忙し過ぎて心や体調を崩してしまっては元も子もないので何事も適量がちょうどいいですよね。
今回は以前、購入したAmazomのFire タブレット8Gの使い心地を書いてみたいと思います。 他の方がいくらでも書いているとは思いますが後発の記事として私らしく書いてみたいと思います。

 

 パッケージと中身

まずはパッケージです。こんな感じの紙の箱に梱包されており見た目は割とチープな感じになっています。

f:id:retainer:20170419142316j:plain

f:id:retainer:20170419142333j:plain

f:id:retainer:20170419142454j:plain

簡単な説明書にUSBケーブル、充電用のアダプターあと本体のタブレットといった感じに入っていました。必要最低限って感じでシンプルな内容ですね。

届いで電源を入れるとアカウントがすでに設定されていました。もちろん購入したアマゾンのアカウントに設定されています。ちなみに『工場出荷時の設定にリセット』を行い初期化するとアカウントも削除されているので自分でログインすることが必要になります。

 

購入コスト

ここですよね。この性能でこの値段なら絶対にお得です。って言いたいです。アマゾンプライム会員ならさらに4,000円オフなのでコスパはかなり高いと言えます。こう言ってはなんですが、値段が値段なんで結構気にせずラフに扱えるところが◎だったりします。
ほぼAmazomのFire タブレット8Gに関してハード面は気を使ってないです。取り扱いが楽です。フィルムもケースも使ってないです。

 

読書

まずは読書。スマホで見るよりはやっぱり見やすいです。文字の後ろの白地が真っ白ではなくオフホワイトみたいな色調になっていて目に優しい。まぁこの点はペーパーホワイトの方がもっと優れてて読みやすいと思いますが、スマホの画面を眺めるよりはずっと見やすいと思います。漫画に関しても白地が抑えられているので見やすいのではないかと思っています。

 

Amazomプライムビデオ

Amazomプライムビデオのタブレットを使っての視聴性能は文句なく、使いやすいと思っています。画面の大きさがそんなにないので一緒に視聴できる人数は限られますが、通常の光回線のWiFi環境下なら動画が止まらず、ストレスなく視聴することが出来ます。ヘッドホン付けて視聴すれば即席のプライベートシアターになるのでちょっと時間が空いたなぁ~っ映画見たいなぁ~てときは重宝します。Amazomビデオの動画を視聴することに関してはパーフェクトな出来ではないでしょうか。

 

ウェブブラウジング

ウェブブラウジングに関してですが、Fire タブレット純正アプリのSilkっての使っているのでそちらでの感想を書きたいと思います。
アプリ立ち上がりから検索画面(主にグーグル)に行くまで少しタイムラグを生じていると思います。これはiPhone5S、iPhone SEのサファリと比べても体感速度は劣っていると思います。ページの読み込みなんかも苦手らしくちょっと重たいサイトだと動作がもたつきます。
ここら辺が改善されるとかなり使えるタブレットになるのでしょうけど…。あとブラウザー上の文字入力の日本語入力がローマ字打ちしかなく不便です。
 
PCのキーボード使ってローマ字打ちならいいのですが、小さいタブレットの画面上でのローマ字入力は勘弁してほしいです。ATOKなんかのアプリを導入すればいいのですが、それではこのタブレットのコスパが下がってしまいますので導入はしていません。
 

 

アプリストア

アプリの種類が圧倒的に少ない。今まで普通に使っていたようなものが全然なく不便で使いにくさを感じることはしばしば。基本OSがアンドロイドではあるが、そこからアマゾンが独自開発した『Fire OS』であるためグーグルプレイはインストールされていない。
アプリストアは独自展開されていてアプリの種類が少ない。さらにそのままではグーグルプレイはインストールできない使用になっている。
これは本当に不便で何度もRoot化もしくはよく解らないサイトからソフトをダウンロード、インストールしてグーグルプレイをインストールしようか迷いましたが、今のところ止めています。
 
Root化に関しては私のスキルがあまりにも低いためRoot化し、トラブル発生時とても対応できないと思うから。 あともう一つの手段のよく解らないサイトのよく解らないソフトをインストールして、グーグルプレイをインストール方法ですが、とても善意のある人からの提供かも知れないし、そうでないかもしれない。
 
得体の知れていないソフトに権限を与えていてはRoot化と大して変わらないなぁ~ってのが私の見解で2つの方法とも今のところ実行に至っていません。 
 
アマゾンのアカウントと紐付きが強そうなこのタブレットで知識が低い状態でのチャレンジは危険な気がする。 
使いにくいのは使いにくいです。せめてFire foxかグーグルクロームがあればなぁ~。
 

 

電子書籍

アマゾンで購入する電子書籍なら問題なく閲覧することが出来るのですが、dマガジンとかの他社の電子書籍は閲覧できない気がする。
まぁ、私が試したのはdマガジンとFujisanの2つなのですが、いずれもブラウザー上での閲覧は出来ない。アプリストアにはdマガジンとFujisanのアプリは存在していないのでFire タブレット上で2社の電子書籍を閲覧、利用することは不可能ってことになると思います。
 
雑誌なんかの電子書籍読むのにちょうどいいサイズなのに勿体ない気がしますが、格安でFire タブレットを提供しているので当たり前の対応で格安タブレットの代わりにアマゾンの書籍読んでくださいってことですよね。
ちなみに上記2社はiOSやアンドロイドではブラウザーでの閲覧も可能みたいです。
 

 

外部メモリ

マイクロSDが挿入可能で保存容量を拡張可能です。
パッケージの裏面には最大128GB拡張可能と記載されています。とりあえず私は16GBお試しで挿入しておきました。今のアマゾンのサイトには最大200GBと記載されています。対応の容量が変更されているのでしょうか?それにしても200GBなんてSDの容量あったかな…。なんて調べてみるとありました。

 

 しかも高級サンディスク製。私が高級なイメージを勝手に持っているだけですが…。話はそれましたが結構な容量が拡張できるので映画や動画をダウンロードしておき、出先で子どもが騒いで困るときなんかに助かりそうですね。

 

 

キンドルオーナーズライブラリー

アマゾンプライム会員に入り私はこのためにAmazomのFire タブレット8Gを購入したはずでしたが、まだ一度くらいしか電子書籍をゲットしてないです。もったいないですが仕方ないです。だいぶ忙しさも和らいできたので読書できると思いますのでこれからは活躍はず。
 
 

 雑感

いかがでしたか?ざっくり感想を正直に書いてみました。コスパが高くてとても優秀なタブレットではありますが『Fire OS』という縛りで使いにくいところはあります。
 
Amazomのサービスを使い切るといった点で見ると非常に低コストで便利で使いやすいタブレットに仕上がっているのではないかと思います。
通常のアンドロイドのタブレットっていう見方をすると少々不便なところが見つかります。主にアプリですね。ここが解放されたら文句なしですが、それではアマゾンの企業利益が減るので今後も期待は薄いとみるのが妥当だと思ったいます。
あとは割り切るか、自己責任で改造するか、知識をつけて安心して使うかは使用者本人次第ってとこですね。 私はもう少しいろいろ調べてみるつもりではあります。
 

 

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

 

 

 
ではまた。
 
 
 
モッピー!お金がたまるポイントサイト