新型プリウスってどうなの?

トヨタ自動車の新型プリウス 4代目が今年の12月の頭に発売になりますね。実際どこら辺が良くなったのかちょっと見てみました。

f:id:retainer:20151011213557j:plain

image from  Car Watch

プリウスの最大の売りといえば低燃費ではないでしょか。現行車種(一番軽いグレード)でも32.6km/Lと結構な実力だと思っています。年間10,000キロkm走行したとしてガソリンレギュラーが120円/Lで計算すると年間のガソリン代は約36,800円。一昔の年間のガソリン代に比べるとかなり安いのではないでしょうか?

そんなプリウスの4代目(これも一番軽いの)の燃費は40km/Lと発表されてます。

これを上の計算式を当てはめると、年間のガソリン代は30,000円程度までさらに減ります。新型発表ごとに低燃費性能上げているプリウスを見ていると凄いなぁと思う一面、次のハードル上げてきついんだろうなぁなんて思ったりもします。

f:id:retainer:20151011213809j:plain

 image from  Car Watch

現行プリウスに比べ足廻りも変更になるみたいですね。フロントのサスペンションはストラット式のままですが、リアのサスペンションがトーションビームからダブルウィシュボーンに変更になるらしいです。トーションビームが悪いって訳ではないのですが、トヨタ車ではパッソ、ヴィッツ、シエンタ等の比較的低価格車に採用されることが多いので、今回の変更で差別化されてプリウスのブランドイメージがアップしたように思う。もちろん、イメージアップの為だけではなく走行性能の上げるための変更だと思うので進化したプリウスの足廻りを体験してみたいなぁ~って思う。車好きな人は足廻りの設定なんかも気にしてみたりすると思うので、うまい作戦なのかもとか思ったりします。

 

f:id:retainer:20151011213835j:plain

image from  Car Watch

動力系は

エンジンの出力は現行型99馬力から新型98馬力を微量のスペックダウン、モーター出力は82馬力から72馬力これもスペックダウン。数値を見ると性能ダウンをしているように思えるが、実際に運転していないので、何とも言えないと思う。燃費向上の為の最適化なんだと、素直に受け止めておいていいのでは。新型は重心も現行型より下がるみたいだから空力も見直されているみたいだし、スペック以上の走行性能だと期待してます。

 

プリウスという車は高級車ではないのに割と最先端の技術を投入してくるところが好きです。はっきり言って初代プリウスはデザインがちょっと苦手でした。2代目になりちょっとマシにはなったけど、好きにはなれなかった。ちょっと気になるけど、付き合うまではいかない。そんな感じ。

3代目になって私自身受け付けるデザインになったなぁ~って思いました。(笑)

4代目も期待してますよ。一回、運転してみたいなぁ~。

誰かが言ってたけど、プリウスという車はエコカーではなく、プリウスという車そのものが魅力なんだと。なんかわかる気がします。発表の度に生まれ変わる姿に確かになんか期待してますもん。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

週刊ダイヤモンド 2015年10/10号 [雑誌]

週刊ダイヤモンド 2015年10/10号 [雑誌]

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト