ついにau iPhone5S・マイネオAプランでSMSが使えるようになりました

やっと私のau iPhone5SがマイネオのAプラン(デュアルプラン)の環境下においてSMSが使用出来るようになりました。この日を本当に待ち望んでました。妥協していたとはいえ使える機能はやはり使いたいものです。非常時のことを考えるとSMSも使いたいと思う気持ちは強かったです。

 

retainer.hatenablog.com

 ※4Gを安定して掴むことが出来ない方は参考にしてみてください。

 

マイネオのAプランとau  iPhone5Sは相性があまり良くなく4Gの通信が不安定だったり、SMSが使用不可だったり、デザリングが出来なかったりとちょっと不便なことがあります。(結構あります。(笑))

それでもマイネオを使っている理由はコストです。

3大キャリアが提案するスマホの利用料金が高すぎるからです。ちょっと電話してメール。LINEやウェブ検索、ちょっとだけゲーム⇐飽きてすぐ消しちゃう…。

上記のちょっとした利用において機種代を考慮しても高いと感じたからです。

料金については今回は語るつもりはありませんので次に行きます。

 

私の変更前の使用環境

・マイネオのAプラン(デュアル)

・au  iPhone5S⇒iOS8.41

・ iPhone内のプロファイル『テスト用プロファイル』

・キャリアバージョン⇒KDDI24.1

・デザリングとSMSが使用不可の状態。

4Gは上の記事に書いてある通り安定しています。

 

iPhone内の設定をちょこちょこ触りますので必ずバックアップを取ってから実行してください。

4Gを掴まなくなったりする恐れがあるので、時間等に余裕のあるときに行うことをおすすめします。

下の②のときに4Gを掴まない時間が発生するのでWiFi環境下で行ってください。

※あくまで自己責任で行ってください。責任は負いかねます。

 

 

①iOSを8.41から9.31へバージョンアップさせる。

バージョンアップさせたら4Gをまた掴まないのでは?!と少しビビりながらバージョンアップを行う。バージョンアップ直後は1Xを表示してその後、案の定圏外表示へ。

上の記事のようにWiFiオフ、ブルートゥースオフ⇒機内モードオン⇒iPhone電源オフ⇒iPhone電源オン(再起動でもよさそうだけど、私はオン、オフにした。)

機内モードオフ⇒4Gを掴む。ここから私のiPhone5Sは4Gを安定してました。

 

②マイネオのプロファイルの入れ替えをする

今まで使用していた『テスト用プロファイル』から通称『a2』と呼ばれるプロファイルへ変更する。  iPhoneの設定⇒一般⇒プロファイル⇒構成プロファイルをタップ⇒プロファイルを削除を選択し削除を行う。

これはおまじないみたいなもんだけど⇒ここでプロファイル削除後iPhoneを再起動させておく。その後は

 

Safariでhttp://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfigにアクセスする。

参考サイト:support.mineo.jp

 

 

※プロファイルを削除した状態でマイネオのサイトにアクセスする必要があるので、上にも書いてありますが、WiFi環境下で行ってください。4Gを掴んでいないためサイトにアクセス出来ません。

 

マイネオのサイトにある『a2』のプロファイルへ iPhoneのSafariでアクセスしてインストールする。 iPhone5S、5C使用の方は『a1』プロファイルをインストールしてください。とありますが、今回は『a2』のプロファイルをインストール。

その後、iPhoneをWiFiとブルートゥースをオフにして機内モードオンの状態で再起動させる。iPhoneが立ち上がったら機内モードをオフにして4Gを掴んで安定していることを確認する。この時点で4Gが安定していることが大事だと思います。

 

※ちなみに『a1』でも4Gを掴んでいましたが、SMS復活の成功事例が『a2』を使っていたので『a2』を使用してます。

現状うまくいっているので怖くて『a1』を試せません。(笑)

 

 ③PCを立ち上げる

ここからの作業はPCが必要になります。まずPCを立ち上げる⇒ブラウザーを立ち上げて『KDDI_LTE_jp_iPhone.ipcc』ってファイルをダウンロードしておく。ダウンロード先を確認しておく。後で使用しますので。

ファイル名をググれば出てきます。記事の下に参考サイトを載せさせてもらいますが、リンク切れの場合はググってください。

ダウンロードを終えたら

◆iTunesのCarrier Testing Modeへの切替方法
 ① iTunesを起動している場合は終了
 ② Windowsのタスクバーのウィンドウズボタンを右クリック
 ③メニューから、「コマンドプロンプト(管理者)」を実行
 ④次のコマンドを選択しコピー(32bit・64bit共通)
  "%ProgramFiles%\iTunes\iTunes.exe" /setPrefInt carrier-testing 1  
 ⑤コマンドプロンプトの黒画面を右クリックしコマンドを貼付し改行
  ※コマンドが実行されます。
 ⑥iTunesを起動してiPhoneを接続し、iPhoneの「概要」ページを表示
 ⑦「更新プログラムの確認」ボタンをShiftキーを押しながらクリック
  ※ファイル選択画面が開きます。
 ⑧「開く」ボタンの上のファイルの種類のプルダウンメニューから
  キャリア設定ファイルを選択できるようになっていれば成功です。

※キャリア設定ファイルをダウングレードする場合は、ここでファイルを 選択し、「開く」ボタンを押します。

 (参考)環境:AU iPhone5S(iOS9.3.1) + Aプラン・デュアルプラン
        Windows8.1(64bit) + iTunes 12.3.3

 

 参考サイト:iOS9.3.1のmineo動作確認結果 | 王国通信 | マイネ王

PCに詳しくない私にとっては少し敷居が高く感じましたが、頑張ってみました。(笑)

上の引用中のコマンドプロンプトは私のウィンドウズ7の場合はウィンドウズボタン⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒コマンドプロンプトを右クリック⇒『管理者として実行』を選択。その後は引用に従っていく。

 

引用⑧のプルダウンメニューは『iPhone・ipadキャリア設定ファイル(*.ipcc)』ってのを選択する。あらかじめダウンロードしておいたファイル置き場を選択して(たぶんPC内のダウンロードってとこにあると思います。)

『KDDI_LTE_jp_iPhone.ipcc』を探して選択で開くをクリック。

iPhoneの設定⇒一般⇒キャリア・KDDI 24.0に変わるのを確認する。

 

しばらくするとiPhoneの画面上に『キャリアアップデート』利用できる新しい設定があります。今すぐアップデートしますか?って出てきます。⇒アップデートを選択する。

iPhoneの設定⇒一般⇒キャリア・KDDI 24.1になっていることを確認する。

そしてキャリアを何回かタップして『IMSの状況・SMS』と表示されたら成功になります。『IMSの状況・SMS』の表示が出てこない場合は失敗ですので、引用⑥からやり直します。私の場合は1回目は失敗で、2回目で 『IMSの状況・SMS』の表示の確認が取れました。SMSを4Gの状態で送受信の確認が取れているので成功と言えるでしょう。

 

さいごに

 格安SIMの性格上、手厚いサポートが期待できない状況での設定変更はiPhoneの機能に不具合が生じ、連絡が取れなくなる可能性があります。そもそもマイネオからの正式な動作確認が取れていません。といっても電話回線がなくなることはないはず…。

圏外になってしまったらアウトですが、とりあえずWiFi環境下に居ればデータ通信が可能なので音信不通になることはありません…。

私はいろいろいじくってみても壊れることはありませんでしたが、時間に余裕のあるときに落ち着いて作業することをお勧めします。特に私みたいにPC関係にそこまで詳しくない人は…。(笑) 

 

au系MVNOは参入業者が少なく回線が比較的空いているのでドコモ系のMVNOより混雑時は速度が出るので快適に通信が出来てお気に入りです。逆に選択肢が少なくていやだなぁ~って感じていたときもありましたけど…。

 あとはデザリングが出来るようになれば最高ですね。

 

気を付けたいことは安易なiOSのバージョンアップやプロファイルの変更ですね。

今の状態がとても安定しているので、しっかり情報を集めて安定が確認出来たらまたバージョンアップに踏み切っていこうと思います。

あとは妻の5Cも時間あるときにSMS復活も実行します。

 

みなさんの参考になったら幸いです。

 

こちらの記事もどうぞ。

retainer.hatenablog.com

 

retainer.hatenablog.com

 

retainer.hatenablog.com

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト