ウッドワンの引き戸が重いときの対処法

みなさんの家には引き戸はありますか?
私の家は一階に引き戸が結構多くあります。その引き戸はウッドワンの製なのですが、最近扉の開閉動作が重くなってきました。
そこで原因を調べて対策してみることにしました。
 
まず、問題点は動作が重いということ。なぜ開け閉めが重くなるのか?ということですね。
原因を調べるためにまずは扉をレールから外します。
 

準備するもの

 
f:id:retainer:20160407173059j:image
プラスドライバーとマイナスドライバーです。あと、写真にはありませんが、綿棒と爪楊枝もあると便利です。
 
 
作業に入ります。

 

※作業される場合は十分に気を付けて自己責任でお願いします。

f:id:retainer:20160407173741p:image
まず扉の両側面の上部にある赤マルで囲まれたところにマイナスドライバーを入れてカバーを外します。
f:id:retainer:20160407174222j:image
こんな感じですね。
f:id:retainer:20160407174524p:image
そうすると扉にセットされている上のレールを走るユニットか出てきます。赤マル部を摘んで引き抜きます。
f:id:retainer:20160407175502j:image
扉の反対側にも同じようにあるのでそれも引き抜きます。両方引き抜くと扉が倒れてくる場合もあるので、扉を支えながら気を付けて作業してください。
2つのユニットを外すことで扉はレールから外すことが出来るので扉を軽く上に上げながら傾けてレールから扉を外します。
※外す際は上のユニットは扉と干渉しないように左右の端に逃がしておくと作業がしやすいと思います。
 
ガラス窓があるタイプの引き戸は結構重たいので力に自信のない方は扉の取り外し作業は2人作業をオススメします。
 
次に外した扉の下部を見ます。普段は下のレールを走っている部分ですね。
この部分を見てみると小さな車輪が付いているのがわかると思います。この車輪のことを戸車といいます。だいたい一つの扉に2つ付いてると思います。
f:id:retainer:20160410111034p:image
※汚い写真ですみません。
 
そして赤マルに注目してください。埃と髪の毛が戸車の軸に絡まっているのが見て取れますよね?!
普段掃除してない訳ではありませんが、少しずつ戸車に絡まったと思われます。
きっとこの埃と髪の毛が戸車の回転の抵抗となり、扉の開閉動作を重くしているのだと思います。
このまま作業してもいいのですが、扉と一体になった状態では作業しにくいので、戸車のユニットを扉から外します。
 
f:id:retainer:20160411130750p:image
 
赤マルの穴の中に扉と戸車のユニットに固定しているボルトがあるのでそれをプラスドライバーを使って緩めてユニットを扉から外します。写真の赤マルの横の2つのボルトは車輪の上下と左右の調整用なので今回は使用しないのでそのままです。
f:id:retainer:20160411131539p:image
 
取り外したユニットの戸車の軸に埃や髪の毛が絡まっているのでそれを爪楊枝等を使い丁寧に取っていきます。綺麗に取っても車輪の動きがイマイチ悪い時はあくまで一時しのぎですが、シリコンスプレーを戸車のみに挿して下さい。床等にシリコンスプレーが付くとしばらくツルツル滑って危ないので滑って困る場所にはシリコンスプレーが飛ばないように注意してくださいね。
あと潤滑油としてクレ55-6が有名ですが、戸車には使用は厳禁です。鍵穴や蝶番等の建具もクレ55-6は好みません。
挿して暫くは調子がきっといいはずですが、そのうちに油が埃を巻き込み、より一層動きが悪くなりますので、ご注意ください。
 
戸車の通る扉下のレールも綿棒等の使って掃除することをオススメします。
f:id:retainer:20160411142727j:image
※ちょっと汚い写真ですみません。
 
話が少し逸れましたが、清掃し終わった戸車のユニットを取り外した手順と逆に取り付けていきます。
 
戸車の取り付けが完了したらレールに扉を取り付ける。
 
その後は上のレールの端に逃がしておいたユニットを扉に取り付けてる。
f:id:retainer:20160411143131j:image
取り付けたら外したカバーを取り付けて完了です。
f:id:retainer:20160411143230j:image
清掃しても動きがイマイチよくならない場合は戸車の経年劣化、磨耗や片減りが想定されます。建具屋さんに相談するか、合う戸車をホームセンター等で売っているので探してみてください。
どうしても合う戸車がない場合は使用頻度の低い部屋の引き戸と同じ戸車なら交換するというのも一つの手ですね。

自分で交換される場合は交換作業自体は上記のように簡単ですが、上下左右の調整が解らない方は販売スタッフか、建具屋さんに聞いておく、またはやってもらう必要があります。
 

我が家の場合

戸車の動きが悪いと扉がホント重くなるんですよね。そうすると子どもなんかは重たいから開けっ放しできます。この時期はいいのですが、真冬は寒いですよね?!(笑) 
我が家の扉はウッドワン製ですが、今回の掃除は他のメーカーでも基本的な構造は一緒だと思いますので…。
みなさんの参考になったらうれしいです。
では、また。
 ベッセル(VESSEL) ドライバーセット ファミドラ8 TD-800

ベッセル(VESSEL) ドライバーセット ファミドラ8 TD-800


 KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1]


 
 
モッピー!お金がたまるポイントサイト