リンドールってチョコが美味しい

f:id:retainer:20160227154320j:image

今、我が家にあるチョコレートです。これが美味しいのなんの。久しぶりに海外ブランドのチョコで美味しいなーって思いましたので少々記事にしてみたいと思います。
 
リンドールっていう商品名でリンツというスイスの会社の商品みたいです。先日、妻が友人とコストコに行った際に買ってきたチョコレートです。チョコ好きの女性の間では結構有名なチョコレートらしいです。
外はパリッとしたチョコが、内側に柔らかく滑らかな口当たりのチョコが使用されています。
口に入れた瞬間は硬さを少し感じるが、軽く歯を当てると簡単に外側の硬いチョコの層が割れます。
割れたチョコの中にはとても滑らかな口当たりで上品な甘さのチョコが舌を楽しませてくれます。中のチョコは半練りより少し硬い感じですが、すぐに口の中で溶け始めてパリッとした外側のチョコと重なり合って口の中を幸福感で満たしてくれます。
 
f:id:retainer:20160227154342j:image
写真のように袋で売っているようです。見た通り開封後に写真を撮りました。(笑)
 
安価なチョコレートを食べたときに感じるザラつき感(表現が大げさですが…。)がなく非常に丁寧にチョコを作っているなぁ~って思います。
ペラペラ感がなく濃厚って表現がいいのだろうけど、私はあえてコクがあるって伝えたいと思います。←意味がわかりにくい…。
上品な甘さに緩急つけた歯触り、そしてコクのあるチョコレートは私的にいい仕事をしてるなって思います。
味の種類はミルク・ビター・ホワイト・ダーク・ピーナッツバターの5種類が入っています。味の感想は今回語りませんが、私はどれも好きです。


プレミアムチョコの代表といえばゴディバのチョコレートが有名ですが、ゴディバのチョコレートもサラッとしているのに雑味が少なく香り高い味わいを感じます。それに近い感覚がこのリンドールにはあると私は思います。

ゴディバと比べると求めやすい価格を考えるとこのリンドールというチョコレートは非常にコスパが高いのではないかと思います。
 
美味しいのでパクパク食べてしまいどっしり600gあったチョコは残り半分ほどになってしまいました。
妻が買ってきたときの値段は一袋50個入りで1,800円くらいだったと言ってました。ですから一粒あたり36円程度ですね。
一昔はもう少し安かったようです。安いときは1000円くらいだったなんて書いている記事も見つけました。きっと円安の影響で値上がりしているみたいです。
残念…。

値上がりしていると言っても市場価格は一粒あたり92円程度するので激安といえば激安です。

Amazonでは2月29日現在2,435円です。コストコの値段と比較すると高く感じるかもしれないけれど、一粒あたり49円と市場価格の半額くらいで購入することが出来るのでコストコに行く手間を考えれば 安いと思います。


以上、美味しいチョコレートの話題でした。
モッピー!お金がたまるポイントサイト