サッポロビール 百人のキセキ 魅惑の黄金エールを飲んだ感想です。

f:id:retainer:20150614234505j:image
今回はサッポロビールの限定醸造ビール百人のキセキシリーズの第2弾魅惑の黄金エールを飲んだ感想を書いていきたいと思います。

このビールの缶には『チェコ産のファインアロマホップ使用による上品な香りが際立つ味わい豊かなゴールデンエールをお楽しみください。』と記載されています。
どんな香りがするのか楽しみですね。


香り

ビールの匂いはきちんとしますが、そのあとにフルーティーな香りが微かに香ります。


結構苦味が強いのですが口当たりはコロナビールみたいにライトな印象です。

苦味

飲んだ瞬間はそんなに苦くないのですが、あとから結構強い苦味がきます。なかなか苦いので私は苦手です。キリンラガーを超えてます。


切れ味

切れ味はないのかな…。もう苦くて。

後味

フルーティーな香りを感じ取れるのですが、苦味が強過ぎて鼻を抜けるフルーティーな香りがボケて香ります。

総評

苦味が強いビールで最後の方は舌が苦くて私にはしんどかったです。苦いビールが好きな方にはいいのではないでしょうか。なんだか私には魅惑の黄金エールは感じ取れませんでした。
モッピー!お金がたまるポイントサイト