短歌

柔肌の 熱き血潮に 触れもみで 寂しからずや 道を説く君

『柔肌の 熱き血潮に 触れもみで 寂しからずや 道を説く君』 最近、この短歌が頭から離れない。 きっかけは会社においてあった本にたまたまこの与謝野晶子さんの短歌が載っていて、 読んでいたら不思議と意味を思い浮かべ想像したら引き込まれていった。 こ…

モッピー!お金がたまるポイントサイト